シングルマザーのウルオイブログ

3人の子供達との毎日や、アラフォーの悩み、仕事、お金について、つぶやきます。

子供の全身に、突然じんましんが出ました!

じんましんが、ある日突然現れた!

ある日の夜、むーちゃん(8歳)が「かゆい、かゆい」と言い出しました。赤くミミズ腫れのようになっているのですが、しばらくすると消えて無くなり、別の場所に移動してかゆくなります。なんだこれは!?と慌ててネットで調べると、応急処置として冷やすといいとのこと。保冷剤をタオルでくるんで、かゆいところに当てると少し落ち着きましたが、夜中もずっとかゆくて目を覚ましていました。

 

翌朝、かゆみは少し治まっていましたが、念のために病院に連れて行きました。診断は「じんましん」とのこと。スプレータイプの保湿剤をもらい(初めて見ました!こんな便利なのあるんですね)、飲み薬も服用するように言われました。原因はわからず。

 

本当はあまり薬を飲ませたくないのですが、夜も眠れないので仕方ありません。その日から、飲み薬と、全身の保湿を始めました。薬ですぐにかゆみは治って来て、ミミズ腫れのような腫れも減りました。ただ、1週間経っても、かゆみや腫れが残っているので、じんましんはなかなか大変なもののようです。

 

じんましんの原因を考える

最初はダニなのか、食べ物のアレルギーかと思いましたが、普段から、洗濯や布団干しは定期的にしていますし、食べ物もこれまで食べていたものと変わったものは食べていません。ただ、じんましんが出る前の1週間ほど、パンが続いていたんです。ご飯と味噌汁と、野菜たっぷりおかずが、我が家の基本なのですが、忙しい時期だったこともあり、パンをいつもより多く食べさせてしまってました。おそらくこれが原因かも…完全に私の手抜きです。

 

さらに、お菓子もいつもより多かったんです。アイスだとか、チョコだとか、普段そんなに食べていないものを食べたので、それで体に出ちゃったのかなと。ただ、じんましんが出たのは、3人のうち1人なので、本当の原因はわからないままです。

 

もっと早く、皮膚科に行くべきでした

毎週病院に通うことになったので、ついでに、他の子も診てもらうことにしました。実は皮膚科って、今までの人生で初めて足を踏み入れたんです。乾燥すれば、なんらかの市販のクリームを塗ったりしていて、病院にかかるという発想がありませんでした。何かできものができても、ほっとけば治ると思ってたんです。

 

他の子供達は、足の裏の皮がむけたり、イボがあるので診てもらうと、治療が必要とのこと…。そして、3人とも乾燥がひどくて、保湿をしっかりするようにと言われました…ごめんね、子供達。今は毎日、朝とお風呂上りに、みんなで保湿タイムです。

 

そして、子供達だけでなく、私自身も気になっていたところを診てもらうことに。頭皮の乾燥がひどくて、フケがひどかったんですが、病院に行くことではないと思っていました。頭皮用の保湿剤をもらったのですが、一発で良くなりました!こんなことなら、もっと早く診てもらえばよかった…。この冬ずっと悩んでいたのに…。

そして、体にアザみたいなものができていたのも診てもらったら、こちらは「カビ」だとのこと。えー!カビ!?とびっくりしましたが、こちらも抗菌剤をもらうと、きれいに消えてなくなりました。皮膚科って、すごいんですね。

 

ということで

皮膚科で何十分も待って、しかも毎週、通院しなくてはいけないというのは、かなり面倒くさいです。でも、子供がじんましんで、かゆくて眠れない姿を見るのも辛いです。

 

やっぱり健康が一番!と思い直し、ご飯と味噌汁を、また毎日しっかり食べさせています。食は健康の基本なので、ちゃんと食べさせなくちゃいけないなあと反省しました。幸い、子供達は私の料理を美味しい美味しいと言ってくれるので、作り置きとか、もっと料理を手早くできるレシピなどを、調べてみようかと思います。